今月から来月にかけて、平成30年度の健康保険等の保険料率が改定されます。
今回は改定内容をご紹介いたします。詳しい保険料率等は各所ホームページにてご確認ください。

◆健康保険(協会けんぽ)
平成30年度の健康保険料率及び介護保険料率は3月分(4月納付分)より変更となります。任意継続被保険者及び日雇特例被保険者の方は4月分(4月納付分)から変更となります。なお、東海3県(愛知・岐阜・三重)の保険料率は下記の通りです。

    平成29年度    平成30年度
愛知県   9.92%  ⇒   9.90%
岐阜県   9.95%  ⇒   9.91%
三重県   9.92%  ⇒   9.90%

※介護保険料率については、全国一律で1.65%⇒1.57%に引き下げとなります。

また、事業主から徴収している子ども・子育て拠出金の拠出金率の上限が
0.25%⇒0.45%に引き上げとなります。

◆労災保険
全額事業主が負担している労災保険料は3年に1度見直しを行っており、平成30年4月より保険料率が改定されます。現在の平均労災保険料率1000分の4.7が1000分の4.5に引き下げられます。

◆雇用保険
雇用保険料率につきましては、平成29年度から据え置きとなりますので、平成30年4月からの変更はございません。

詳しくは当事務所までお問い合わせ下さい。