生命保険を受取る場合にも税金がかかるのをご存知ですか?
満期保険金や死亡保険金は、その契約形態によって、所得税、相続税、贈与税
のいずれかがかかります。

■契約者(保険料負担者)が夫の場合

契約者

保険料の負担者

被保険者

保険の対象者

受取人

保険の受取者

税金の種類
満期保険金 所得税
妻または子 贈与税
死亡保険金 妻または子 相続税
所得税
贈与税
年金 所得税
年金開始時:贈与税
年金受取時:所得税

※被相続人の死亡により取得する年金受給権については、年金の種類等によって異なります
ので、当事務所までお問い合わせください。

【所得税が課税される場合】
契約者と受取人が同一の場合、受け取った保険金は一時所得として課税されます。

課税対象額=(保険金+配当金-払込保険料-50万円)×1/2

【贈与税が課税される場合】
契約者と被保険者、受取人が異なる場合、受取人が受け取った保険金には贈与税が課されます。

課税対象額=受取金額-110万円

【相続税が課税される場合】
契約者と被保険者が同一の場合、受取人が受け取った死亡保険金は、相続又は遺贈により
取得したものとみなされ、相続税が課されます。

受取人が被保険者の相続人のときは、500万円×法定相続人数の金額が非課税となります。