医療費控除を受けるにあたって、平成29年分の確定申告から、支払った医療費の領収書提出に代わり、

医療費控除明細書の添付が必要となりました。

今回は医療費の明細欄の書き方について簡単にご紹介します。

 

医療費控除の明細書には医療を受けた人、病院、薬局ごとに医療費を合計して記載します。

記載例)

参考:国税庁HP

なお、次の点に注意が必要です。

・平成29年分から平成31年分までの確定申告については、医療費の領収書の添付または提示によることもできます。

・医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。

(医療費通知とは、健康保険組合等が発行する下図のような「医療費のお知らせ」などです)

・領収書の提示又は提出に代えて明細書を提出することになりますが、明細書の記入内容の確認のため、税務署から領収書の提示又は提出を求められることがあります。確定申告期限から5年間は領収書をお手元に保管しておく必要があります。