平成29年5月29日から法定相続情報証明制度が施行されています。

法定相続情報証明制度とは、相続手続に係る相続人・手続の担当部署双方の負担軽減、本制度を利用する相続人に、相続登記のメリットや放置することのデメリットを登記官が説明することなどを通じ、相続登記を促進するための制度です。

■制度の概要
通常、相続登記や被相続人の預金の払戻し手続き等の際には、その都度戸籍書類一式を用意する必要があるが、今後は法務局で一定の手続きをすることで、無料で必要な分だけ取得できる「認証文付き法定相続情報一覧図の写し」を各種相続手続で利用できることになります。

法定相続情報証明制度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※法務省作成資料「法定相続情報証明制度について」から一部抜粋

「認証文付き法定相続情報一覧図の写し」は相続登記だけでなく、金融機関での被相続人に係る預金等の払戻しなどにも利用できることとされているが、同制度に対応するかは各金融機関の判断によるため確認が必要です。

詳しくは、法務省ホームページをご確認ください。