名古屋市で税務・労務の事なら岡本雄三税理士事務所

社員紹介:労務外勤スタッフ 浦野丞司

岡本雄三税理士事務所 労務部
浦野丞司(ウラノ ジョウジ)
令和元年入社

入社動機

「飲食店店員からの労務に特化した専門職へ」

前職では飲食店で店長をしていましたが、そこで様々な労務問題を目の当たりにし、社労士を目指すようになりました。社労士や税理士の有資格者が多く、他の事務所よりも幅広い業務を経験できることが入社の決め手となりました。
入社してからしばらくは給与計算を中心とした内勤業務でした。給与計算だけでなく、事務的な仕事も未経験で最初は戸惑いましたが、先輩方のサポートにより基礎をしっかりと身につけることができました。
常に変化する労務問題に対応できるように、日々勉強を続けながら現在は社労士として勤務しています。

仕事の内容

「手続き業務+相談業務」

給与計算、社会保険や労働保険の手続き代行、雇用に関する労務相談が主な仕事になります。仕事を継続する上で、「人」に関する悩みは尽きることがありません。そういったお客様の人事に関する問題を事例として整理し、ノウハウを蓄積しています。これらのノウハウを労務部全体で共有し、迅速な問題解決や改善提案に役立てています。
給与計算は計算をするだけと考えがちですが、実際には給与計算から見えてくることが多くあります。お客様の抱えている問題を把握したり、助成金の提案につながります。
お客様の抱える悩みは千差万別であり、働き方改革と相まって、社労士の重要性はこれまで以上に高まってきていると感じています。

成長できるシーン

「研修制度を活用して自己研鑽を」

法改正や制度改正が多く、常に新しい知識が必要な仕事です。そのため、所内での研修や勉強会が頻繁にあります。資格取得・研修奨励制度もあり、希望すれば誰でもレベルの高い講座を受講することが可能です。業務知識を深めたく、医療機関の人事労務研修や助成金の提案、実務講座に参加させてもらいました。私以外にも様々な講座を受講しているスタッフがいます。やる気さえあれば無限に成長できる環境が整っています。

PAGETOP
Powered by APC creation.